ツアーナースの概要

看護師の求人でツアーナースという募集をご存知でしょうか。ツアーナースとは、小学校や中学校などの宿泊行事に同行して生徒や先生の健康管理を行い、宿泊行事を安心して実施できるようにサポートする仕事です。事前に学校などと打ち合わせをするので、安心して業務を行うことができます。主に活躍する場面では、バスの移動中に酔ってしまった児童の対応、ハイキング中に怪我や気分の悪くなった児童の対応、食事の時の服薬のサポート、就寝・起床時の検温や健康チェックなどがあります。募集は、全国で求人があり、通常勤務は2日から3日になります。修学旅行のシーズンは、募集も多くなることが特徴です。ただし、募集はハローワークやナースバンクではなかなか見つけることができませんし、短期間業務のため、一年を通してみると、ツアーナースだけでは十分な収入を得ることはできません。さらに、ツアー中は一日中時間を拘束されることになるので、そのツアーのあいだは自分の時間が取れないことになります。このように考えると、ツアーナースは、ちょっとした副業という位置づけで考えたほうがよいでしょう。ただし、子供たちを楽しい時間を過ごせることは間違いないので、素晴らしい思い出を作ることができるでしょう。

保育園の看護師求人

保育園にもパートでの看護師の求人があることをご存知でしょうか。これは、2008年から厚生労働省が保育園に看護師を配置するように促進したことが背景にあります。では具体的な仕事内容はどのようなものかというと、まずは園児の日々の健康管理、健康指導などがあります。健康管理とは、アレルギーを持つ園児のケア、服薬の管理とサポート、体調不良の園児のケア、健康観察などで、また、突然の怪我や病気の対応も行い、看護師自身が対応するケースや病院で受診するためのサポートを行うケースがあります。健康指導も重要な仕事内容ですが、健康指導とは具体的には、歯磨きの仕方、手洗いの仕方、うがいの仕方、熱中症や感染症防止の対策の仕方などがあります。この他事務的な業務もあり、具体的には、保健だよりなどの記事の作成、定期的な健康診断のための資料作成や事後の事務処理などをします。事務処理には、パソコンを用いることが多いのでパソコン操作の知識も必要です。このような看護師としての仕事の他に、保育園の運営のための保育補助や園内の業務を行うこともあります。看護師として保育園での仕事を希望する方は、その保育園でどんな業務を行うのか、事前に聞いてから応募するようにしましょう。

看護師求人のサイト

看護師の求人を見つけるにはやはりインターネットでの検索が便利ですが、最近は看護師の求人を専門に扱うサイトが増えています。そのようなサイトはそれぞれ独自の工夫をして、自分にあった看護師の求人をスムーズに見つけられるように工夫されています。例えば、あるサイトでは求人を検索するのみではなく、看護師の仕事を見つけるためのサポートまで行っているサイトもあります。そのサポートは、求人の紹介から、面接や見学の段取り取り、入職のお手伝いなど、求人の検索から入職までの全般をサポートしてくれるので、入職者にとっては、大変心強い、ありがたいサポートになります。さらに、キャンペーン中に入職できたら祝い金を出してくれるサイトもありますし、そのような具体的なサポートはしてくれなくても、サイト内に看護師について知りたかったこと、不安に思っていたこと、わからなかったことなどを解決してくれる情報も満載になっています。そういった情報もよく理解しておいて看護師の求人を探すと、失敗する確率も低くなっていくでしょう。同時に、看護師の転職に関して、失敗したり成功したりした本人の経験談も公開しているサイトも多いので、生の声を参考にするのもよいでしょう。

看護師求人の選び方

看護師の求人はいつも非常に多くの求人先がありますから、そんな中で就職先を選ぶのも大変ですが、どんなことにこだわって選べばよいかみていきましょう。もちろん、勤務地、給与、雇用形態は、看護師に限らずどんな職種でも同じことですから、ここではそれ以外の看護師固有の話しをします。最初に、勤務する診療科があげられます。子供が好きなら看護師の技術とともに、子供の扱いの経験をすることができる小児科がいいかもしれません。

内科は人気のある科目ですが、病院の他に老人介護施設でも求人が多くあります。
外科、整形外科、皮膚科、眼科、精神科など、最近は透析看護や美容外科の看護師求人もあります。勤務する場所の種類も検討の必要があります。大きな病院の他、個人院、クリニック、診療所、介護関連施設の他、訪問看護という選択肢もあります。訪問看護は、実際に患者さんのご自宅にいって1時間など決められた時間の中で看護をするものです。次に看護師は勤務時間も検討する必要があります。

平日のみ、祝祭日のみという検討はもちろん必要ですが、病院や施設によっては夜勤もありますので、この場合は夜勤の勤務時間は何時なのか、何人での交代制なのかを把握しておくことが大切です。その他にどんな環境で働くのか、職場の事前見学が可能かどうかも調べておくとよいでしょう。いくら条件がよくても勤務する場所の環境が自分とあっていなかったら、あとで後悔することになってしまいます。